こどもがアレルギーで悩んでいるママのための布団や部屋の掃除の方法・ダニ対策

子育てママのダニ対策

ダニによる被害

そのかゆみ、本当に原因はダニ?

更新日:

からだがかゆいのはダニのせいだけではありません。ダニの対策を一生懸命するのではなく、本当に原因がダニなのかも考えてみましょう。

 

スポンサーリンク

ダニ以外のかゆみの主な原因 8つ

dani-ac4

  1. ダニ以外の虫に刺されている
  2. 温度の急激な変化(じんましんなど)
  3. 衣服、寝具の繊維(毛など)による刺激
  4. ゴムによる締め付け
  5. 服についている化学薬品(洗剤、染料、界面活性剤など)
  6. 病気
  7. 嗜好品(たばこ、酒、コーヒーなど)
  8. ダニノイローゼ

 

その他、症状別かゆみの原因

足がむずむずしてダニがはいあがるよう⇒床にカビorダニ以外の皮膚炎

頭がかゆい、布団に入るとかゆい⇒アトピー、血液のはたらきの低下による皮膚炎、自立神経失調症

何かがさわる気がする⇒カビ

体がチクチクする⇒殺虫剤の副作用、カビ

お風呂に入ると治るとカビの場合が多いです。

 

ダニとシラミのちがいとは?

ダニ以外で刺されてかゆい家にいる蒸し問えば、シラミやノミ、ナンキンムシなどがいますが、こどものいる家ならシラミも可能性は高いですね。

ダニとシラミはよく似ているようにも感じますが、髪の毛につくアタマジラミ、ケジラミは一目瞭然。

ダニは肉眼ではあまり見えませんが、シラミはゴマ粒ほどの大きさなので、動いているのでよく見えます。

お風呂に入ったあと、タオルドライしたときに、バスタオルに黒いツブツブがついていたり、枕やふとんについているので、しっかりみればよくわかります。

シラミの卵は髪の毛にしっかりついています。白くて小さいのでフケと間違えやすいですが、フケは点なのに対してシラミの卵はぷっくりしています。そしてツメをたてて髪の毛に沿ってキューとひっぱらないとなかなか取れません。

ダニは人から人へは飛び移らないことがほとんどで、ひとたびヒトの髪の毛から離れると生きられないのですが、学校のプールやダニがついたバスタオルをつかったり、同じ布団でねていると布団をかいしてうつることもあります。

シラミを殺すには、市販のスミスリンシャンプー+シャンプーにすいている目の細かいくしで対処します。スミスリンシャンプーを使うと今生きているシラミは死にますが、たまごからつぎつぎかえるので、3日に1回、全部で3回ほどシャンプーすれば治ります。

 

化学物質によるアレルギー

服をきたらかゆい、むずむずする・・というときには化学物質によるアレルギーの可能性も。

毛がちくちくするといった繊維自体が肌に合わないこともありますが、柔軟剤や洗剤にのこっているものが汗をおかいたときに服から溶け出して皮膚で反応するときがあります。

 

最近では、生地自体に柔軟加工、樹脂加工、防虫加工、衛生加工、抗菌加工などを施されているものもあります。肌に刺激がある有毒性のあるものもあるので注意してください。

洗剤が残っている場合には、十分なすすぎ洗いをすること、皮膚が敏感な人にも安全な洗剤を使うこと、~加工など不要なものはかわない、使わない対策が必要です。

おすすめ洗剤>>100%植物由来の洗浄成分!!湘南生まれの洗剤【All things in Nature】



 

ダニノイローゼとは?

ダニが原因ではないのに、かゆみの原因はダニだときめつけてかかるダニノイローゼにかかっている人もいます。

多いのは50代以上の女性で、神経質でストレスを受けやすい、経済的にも時間にも余裕がある人に多いようです。

からだのかゆみをダニによるものと一方的にきめつける症状で

  • ダニが見え隠れしている
  • ダニの色が変化している
  • ダニが床からジャンプしている
  • ダニが身の回り品にくっついてくる
  • 引っ越ししてもついてくる
  • 皮膚にもぐりこんでくる
  • 何か音がする

などと、みえも聞こえもしないダニのことをいろいろいい、なぜかダニに固執してしまいます。

原因は小さいときから母親に“虫はきたない”とか“虫はこわい”などとマイナスイメージを植え付けられていたことが原因で、そのまま不快感から恐怖、ノイローゼとすすんでいってしまいます。

あまり、こどもに“ダニにかまれるよ”とか“ダニがでるよ”などという声はかけないほうがいいですね。

 

スポンサードリンク





-ダニによる被害

Copyright© 子育てママのダニ対策 , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.