こどもがアレルギーで悩んでいるママのための布団や部屋の掃除の方法・ダニ対策

子育てママのダニ対策

ダニ退治の基礎知識

除湿器や床暖房 湿度・温度変化でダニ対策

更新日:

高温多湿の日本では、ダニが住みやすい環境になっています。家の中にいるダニは、ダニが住めなくなるような温度にあげたり、湿度を下げることで、ダニを減らすことができます。

スポンサーリンク

エアコンでダニを減らす方法

ダニ対策にエアコンのドライ

エアコンで気温をダニが生育できないほど高くしたり低くしたりするのは難しいのですがドライは有効。湿度60%以下にするとたいていのダニは繁殖できなくなります。

 

除湿器でダニを減らす方法

湿度を減らすには、除湿器だというイメージの人も多いと思いますが、除湿器は空気を乾燥させることは早くできますが、建物の建具、建材を乾かすにはかなりの時間がかかります。

押し入れの中を乾かすという理由で除湿機を使っても数日以上では効果はでず、1週間以上運転させる必要があります。押し入れやクローゼットの中の湿気を追い出すなら、すのこや置いておくと湿度をすってくれる調湿剤を使う方が経済的です。

 

空気清浄器でダニを減らす方法

空気清浄機のイオン式、電子式空気清浄機は、繊維製フィルターまたは静電式フィルターと送風機からなる細かい粒子を100%近くつかまえることができるのでダニのアレルゲン除去には有効です。

 

 

布団乾燥機でダニを減らす方法

布団乾燥機でダニ対策

布団乾燥機は、ダニが繁殖できなくなる温度にあげ、さらに湿度を下げる布団乾燥機はダニ対策にはかなり有効です。

ただし、袋に接触しているところは50℃になり、ほぼ100%の死亡率ですが、袋に直接ふれないところにいたダニは低温部へと逃げて死亡率は低くなります。

布団のダニ対策についてはこちらに詳しく紹介しています>>布団乾燥機でのダニ対策

 

電気カーペットでダニを減らす方法

ホットカーペットのダニ対策

電気カーペットの表面温度は高いところで50℃ぐらい。平均で30~45℃になります。電気カーペットの表面についたダニは2時間で90~100%死にますが、隅の低温部へ逃げるので、端を重点的に掃除すると有効です。

 

床暖房でダニを減らす方法

床暖房は空気中にちりやほこりが舞いにくいため、アレルギーの人にとっても安心の暖房器具です。

部屋全体の温度を温めることやダニを殺すような温度にはなりにくいのですが、床の湿度は15%以下にさげることができ、ダニは繁殖しにくい環境になります。

 

ダニ対策は組み合わせることでさらに減らせる

ダニが生育しやすい、繁殖しやすい温度や湿度にさせないことで、ダニを減らす方法を紹介しました。

1つだけやるより、2つ、3つ組み合わせて使う方がより有効です。また、湿度や温度を変えるだけでなく掃除や換気を頻繁にすることでもへらせます。

自分の家でやれることをいろいろやってみましょう。

スポンサードリンク





-ダニ退治の基礎知識

Copyright© 子育てママのダニ対策 , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.